たけしの想い

クルマ、飛行機(SFC/JGC)、その他諸々綴っていきたいと思います。

トロロッソホンダを見てきました

今日は期間限定でホンダ本社に展示されているトロロッソホンダ、STR13 Prototypeなるものを見てきました。STR13 Prototypeと言いつつも、恐らくSTR12にHALOと今年用のカラーリングを施したものかと思われます。このノーズの形状なども昨年のSTR12のものですね。

f:id:onepaku:20180318155532j:image

 実車を見てみて思ったのは流石にF1だけあって、各部の作り込みがハンパなかったです。その辺のチューニングカーやお台場のMegaWebでみたGTマシンとは桁違いでした。リアからのショットです。デモカー?のような感じなのかエンジンは搭載されていない(たぶん)ようで、中はスカスカでした。

f:id:onepaku:20180318155942j:image

流石F1。車体下部の空力パーツの数と作り込みもハンパないです。どのパーツが何に効果があるのか素人なのでわかりませんが、とにかく良く作り込んであります。

f:id:onepaku:20180318155955j:image

リアの絞込も凄いです。積極的に絞ってディフューザーの効果を上げているのでしょうか?

f:id:onepaku:20180318160017j:image

注目すべきはこのノーズ形状でしょうか?たしか2017年にこの形状を採用していたのはメルセデストロロッソだけだったと思いますが、この形状でF1の強大なダウンフォースに耐えれるのが凄いです。ちょっと触ったらもげてしまいそうにも見えます。

f:id:onepaku:20180318160040j:image

フロントウイングも凄いですね。効果があるのでこの形状なのでしょうが、パーツの強度は大丈夫なのでしょうか?他車と接触なり、モナコシンガポールのようなストリートコースで、路面が荒れているところでは部品が落ちてしまうのではないかと心配になるほどです。

f:id:onepaku:20180318160645j:image

ちなみにこのSTR13 Prototype展示は2018年3月18日(日)・21日(水・祝)~26日(月)までやっているようですので、興味のあるかたはぜひどーぞ。

f:id:onepaku:20180318160718j:image